MENU
ななみん
オーナーのななみんです。千葉県で注文住宅を建築中の27歳♀。主にミドルコストHM中心に検討。Yホームズと着工直前まで行くも契約解除し、ウィザースホームと建築中。21年7月着工、21年12月引き渡し予定。

リビングヌックのある家の作り方。実例や我が家の間取りも公開

最近日本でも認知され人気がではじめている「ヌック」

日本でいう小上がりや隠れ部屋、秘密基地的なスペースになるんですが、
注文住宅を建築中の我々もリビングにベンチヌックを作ることにしました。

この記事では我々の作るヌックについて記事にまとめています。

こじんまりとしたスペースって心が落ち着くよね~

トピック

私がピンタレストでピンしたヌックたち

目指したのは、こんなヌックたちです。

いわゆる「ベンチヌック」をピンしています。

ヌックはこれ以外にも、ダイニングヌックや、
座って一息付けそうなちょっとした小スペースのヌックなどもあります。

日本の「和室」が海外の「ヌック」 そんな立ち位置です。

和室は根強い人気がありますが、
その一方で子供が大きくなってしまえばあまり使わない場所として、段々規模が狭められています。

また、都心部で坪数があまり取れない住宅では和室が作られることが少なくなってきているようです。

我々も、元々小上がり和室を検討していましたが、

目指す家の雰囲気に合わない事や、構造的な制約から他の方法を検討したところ、
この「ヌック」がベストであると感じ、採用に至りました。

注文住宅で目指すヌックをシミュレーション

IKEAが運営しIKEAやAmazonで売っている家具が置ける「ルームプランナー」を使って、
理想のヌックイメージを間取りから起こしました。リビングの隣にヌックを置くイメージです。

サイドの柱は石目調の柱にして、奥はヴィンテージ調木目のクロスにする予定です。

ベンチ部分は収納を兼ねていて、その上に置くシートクッションをオーダーする予定です。
(またこの話は別記事でまとめます)

造作ヌックスペースの間取り・作り方

広さは約1.75帖、大人が2人横に寝っ転がれるくらいに広いです。

間口も1.3m程度あるので、大人が2人腰掛けられるくらいスペースが開いています。

わざわざリビングにソファを置かなくても、ここに座ることができるようにしました。

ここは子供が小さい時はちょっとした秘密基地として、
大きくなったら小上がりのリーディングスタディースペースとして、
巣立ったら大人のくつろぎスペースとして使っていくつもりです。

開口部の上からプロジェクタースクリーンをつるして、
今大人気のボップインアラジン(引っ掛けシーリングで使えるシーリングライト×プロジェクター)を使って、
映画館みたくしようかなぁなんて構想も描いています。

ヴィンテージテイストの家を目指して

我々が目指す家はヴィンテージ風の家です。

ウォルナットの色を基調に、グレー系の色味のインテリアで空間を引き締めるつもりです。

このヌックが、リビング含めLDKの空間にあることでどんな存在になるのか、楽しみです。

完成したら、写真を公開しようと思います。

今はこの空間に合うインテリアを収集中です。

ヴィンテージテイストが好きな人はぜひしろくまの楽天ROOMを覗いてみてくださいね。

トピック
閉じる