MENU
ななみん
オーナーのななみんです。千葉県で注文住宅を建築中の27歳♀。主にミドルコストHM中心に検討。Yホームズと着工直前まで行くも契約解除し、ウィザースホームと建築中。21年7月着工、21年12月引き渡し予定。

【ルンバ692】半年使用した口コミ!吸引力は?他機種との比較表も

こんにちは、お掃除なんて一生したくないななみんです。

娘が生まれてからというもの、1日1回の掃除は絶対。ズリバイを始めたら朝と夕方に1回は掃除機をかけてました。

もうめんどくさいったらありゃしないと思っていたら、妹がルンバ692をプレゼントしてくれました。

「ルンバ692って他のモデルとどう違うの?」

「ルンバの中だと安いし、吸引力はどうなの?」

今回は、私が半年以上使い続けている「ルンバ692」について徹底レビューしていきます!

今のところ、一度も壊れたことはありませんが、ちょっと知能が低い機種であるがゆえに
いろんなところへハマってしまい、何度も助けを求めてくるようなかわいいルンバです。

飛ばして読む

使用レビューを読みたい方はこちら
ルンバ以外の候補はこちら
ルンバの主要機種の比較表はこちら
ルンバとDEEBOTの比較はこちら

トピック

ルンバ692の特徴・性能レビュー!

ルンバ692の徹底レビュー!ルンバの実力やいかに?!特徴や注意点・吸引力は?

このルンバは、簡単に言うと

シンプルな操作で2本のブラシが汚い部分も集中的に掃除、自動でお家に戻るルンバ

です。

この「ルンバ692」はアマゾン限定のモデルなんですが、他のモデルと何が違うの?って人多いんじゃないでしょうか?

特徴としては、ルンバ692は

賢さは下位グレードでコストを抑えつつWi-Fi(アプリ)機能を持たせた商品になっています。

Wi-Fi機能があると、離れた場所からの清掃開始の指示や、スケジューリングなどができます。

ロボット掃除機を求めていて、定期的に掃除をしたい人や、外出中にも掃除を勝手にしてほしい人にピッタリ。

多くの機能はついていないので、「アプリから操作したりできて自動で掃除してくれればOK!」という人向け。

ちなみに、他のルンバと「賢さ」や「コスト」を比較すると、こんな感じ。

スクロールできます
シリーズ頭の良さ吸引力バッテリー範囲価格692との差amazon


ルンバ692
iAdapt1倍90分
自動充電機能
1~2部屋
20帖くらい
3万詳細


ルンバe5
iAdapt 2.05倍90分
自動充電機能
1~2部屋
20帖くらい
5万ゴム製ブラシ
容器水洗い〇
詳細


ルンバi3
10倍 75分
自動充電/
自動再開機能
3~4部屋
ワンフロア
7万
10万(※1)
ゴム製ブラシ
容器水洗い〇
マップ清掃
詳細


ルンバi7
iAdapt3.0 10倍 75分
自動充電/
自動再開機能
5部屋以上
平屋OK
11万
14万 (※1)
ゴム製ブラシ
容器水洗い〇
マップ清掃
間取り自動学習
カメラセンサー
詳細


ルンバs9+
vSLAMナビゲーション40倍120分
自動充電/
自動再開機能
5部屋以上
平屋OK
19万 (※1) ゴム製ブラシ 容器水洗い〇
マップ清掃
間取り自動学習
カメラセンサー
詳細
※1 クリーンベース付

こんな風に比べてしまうと、下位機種だけに、機能面で劣るのではないか?と疑問に思いますよね。

ではここからは実際に、半年使ったルンバ692のレビューをしていきたいと思います!

吸引力・掃除力

ルンバ692の徹底レビュー!ルンバの実力やいかに?!特徴や注意点・吸引力は?

一番気になるのは、吸引力や掃除できるかという所ですよね。

吸引力がほかの機種が10倍などをうたっているので、

「ルンバ692の吸引力ってめちゃめちゃ弱いんじゃ?!」って思いますよね。

写真そのまま載せているので、その目で確認してみてください。

モザイクかけていないありのままの写真ですので汚いのみたくない方はスルーで!

普通のコードレス掃除機を使ったあとでも沢山ゴミをとってくれる吸引力と、髪の毛がからまりにくいブラシになっています。

メンテナンス性・お手入れ

ルンバ692の徹底レビュー!ルンバのアプリ機能では、スケジュール機能があって、家を離れた時に自動で掃除を開始してくれる!掃除回数の見える化も!
アプリの画面

ルンバ自体とダスト容器のメンテナンス性。

約8か月使っていて、清掃回数はまもなく350回。

1日1回は最低使ってるので、おぉー沢山掃除したねぇ!って感じがあります。笑

しかし、ゴミ発見しすぎでしょ。

ルンバ自体に不具合はあった?

今のところ壊れたり動かなくなったことはないです。

一回タイヤが動かなくなって焦りましたが、娘がばらまいたハイチュウを踏んずけてくっついていたようでした。

毎日ガシガシつかってますが、元気に走り回ってくれています。

ダスト容器は毎回掃除しなきゃいけない?

ルンバ692は、掃除後に毎回ダスト容器を掃除するのを推奨しています。

このダスト容器、少し掃除しずらいんですよね。

ビニール袋でほこりを鷲づかみにして取るんですが、結構ほこりが舞い上がるのが嫌で。

対して、クリーンベースがある機種については最大60日間ゴミを取る必要がないので、

この掃除の手間は私的には△です。

692にはクリーンベースはないですが、ありの機種でクリーンベース付きにするには3,4万ほど価格があがります。

毎日使う人や、ルンバ基地がゴミ箱から遠い、吸引力を下げたくない、最大限ズボラしたい人(私)は
クリーンベース付きのものの方が楽だと思いますね。

とはいえ、家は60平米くらいの広さですが、1週間くらい掃除させてため込んでいてもダスト容器はパンパンにならないです。

ということで、私は週末に掃除するようにしています。
最低限の掃除。

一人暮らしで広さも30平米そこそこなら、1週間や2週間は掃除しなくてもいけるんじゃないでしょうか?

ルンバ692の良い所・メリット

ルンバ692の徹底レビュー!ルンバのアプリ機能では、スケジュール機能があって、家を離れた時に自動で掃除を開始してくれる!

ロボット掃除機だからこそのメリットと、
安価だからこそのメリットがあります。

・アプリで設定できる機能がめちゃいい
・ルンバのために床に物を置かなくなった
・大して高くないので、ガシガシ使える

この3点が感じたメリットです。

アプリで設定できる機能がめちゃめちゃいい

Wi-Fiが使えるといいことは、

・スケジュール機能が使える
・外出先からルンバを起動できる
・家から離れたら勝手に掃除を始める
・掃除の記録が見える

もうね、自動掃除で自分で掃除しなくていいってだけで最初は感動したんだけど、

アプリでルンバを自在に動かせるっていうのが本当にいいんです。

まず、平日は私がテレワーク勤務なので、娘を保育園に迎えに行く時間に
ルンバのスケジュールをセットしてあり、帰ってきたら掃除が完了しています。

でも、土日は変則的なスケジュールが多いため、スケジュールはセットしていません。

で、いざ外出する時にルンバを起動し忘れる事もしばしば。

そこで、またアプリ機能が活躍します。

ルンバ692の徹底レビュー!ルンバのアプリ機能では、スケジュール機能があって、家を離れた時に自動で掃除を開始してくれる!

設定している端末が家から離れると、自動で掃除してくれる機能をセットしているので、掃除のし忘れがない。

最近はお迎えの時間も変則的なので、平日でもこの機能が大活躍しています。

ほこりがなくなるのもいいですが、私は産後2年たった今も抜け毛がすごいので、

床に髪の毛が落ちてないってだけでストレスフリーでとっても快適です。

ルンバのために床に物を置かなくなった

副次的効果なんですが、ルンバが止まらないようにするために、物を極力床に置かないようになりました。

すると、床が見える面積が増えて、家も広く見えるし、毎日片づけるものも少なくなる。

ズリバイをしていた娘も今は自由に走り回ることができるので、嬉しそうに踊ったり、パパと追っかけっこを楽しんでます。

大して高くないので、ガシガシ使える

10万以上する高級家具だと、ガシガシ使えないのは私だけでしょうか。

18万したテレビに娘がバンバンしようものなら、全力で阻止します。

でも、このルンバ692は3万なので、娘が踏みつけようが、触って移動させようが、ほほえましく見てられます。

娘がもっと成長すると、ルンバの上に乗ったり投げる事もあるかもしれませんが、多分大丈夫。

ルンバ692の悪い所・デメリット

概ね満足しているルンバですが、
やっぱりデメリットもあります。

・毎回のごみ捨てが面倒
・音がうるさい
・集合住宅の騒音問題にも

・水洗いできない

この4点が感じたデメリットですね。

毎回のごみ捨てが面倒

クリーンベースがない機種については、ダスト容器の掃除は掃除後に毎回しなければいけません。

ダスト容器をあけると、舞い上がるほこり。床にほこりがこぼれる事も。

毎回変えるのは正直面倒ですし、紙パックにほこりがはいっているわけでもないので、

捨てる時にほこりが気になる人はクリーンベース付きのルンバがオススメですね。

音がうるさい

他の機種も掃除音が基本うるさいんですが、ルンバ692もそこそこ音がします。

そしてこのルンバはマップ清掃機能がないので、壁に当たりながら方向転換をします。

(壁に近づいたらソフトモーションにはなる)

ただ、掃除音自体は普通の掃除機よりはうるさくないです。家族との電話なら許容範囲のうるささ。

吸引力が大きくなればなるほど音はうるさくなるのかなーと思いきや、ルンバの掃除音は大体90デシベル前後みたいです。

ルンバ以外のロボット掃除機も似たようなうるささのようなので、これは仕方ないのかなと思います。

アパート・マンションの騒音問題

ななみんちは今木造系アパートの3階に住んでいますが、ルンバでクレームが来たことはありません。

壁にぶつかる音が響きそうだな~と思っていたんですが、3年住んでいますが今のところクレームはゼロです。

(なおデロンギのコーヒーメーカー(豆を削って☕を抽出するもの)では「工事音がする」とクレームがきました)

住んでいるところによってはこういったクレームはあるかもしれませんので、お試しでルンバを飼うのもアリかも。

水洗いできない

ルンバ692の一個上のクラスであるe5だと、水洗いができるようになります。

水洗いができないと、ダスト容器のごみをとっても完全にはとりきれないので、

水で洗ってスッキリきれいにしたい方は、692は微妙かもしれません。

外観デザイン

ルンバ692の徹底レビュー!メタリックグレーだと汚れが目立ちにくいのが利点。

デザインはこのメタリックグレー一色のみ。

色は好みだと思うんですが、グレーだと汚れが目立ちにくいのが利点かなと思います。

多分このルンバは1か月くらい上の部分を拭いていませんが、ぱっと見はそんなように見えませんよね。

ほかの機種だとブラックが多いですが、黒だとほこりがかなり目立ちます。

ルンバ692の徹底レビュー!メタリックグレーだと汚れが目立ちにくいのが利点。

このルンバの充電ホームベースは黒なんですが、ほこり溜まってるのよくわかります。

ルンバの上を拭いた時と同じタイミングで掃除してるんですが、圧倒的に汚くみえる!

逆に白でも、汚れが目立つので、グレーは掃除インテリア系にはもってこいの配色かなと思います。

(実際、自動蓋のゴミ箱「ジータ」のブラックを買いましたが、ほこり、手垢が目立ってて色のチョイスを後悔している)

基本的な機能は網羅

・3段階クリーニングシステム
・エッジクリーニングブラシ
・2本のデュアルアクションブラシ
・ダーディテクトテクノロジー
・落下を自動回避
・自動充電
・アレクサとの連携

ロボット掃除機に必要な要件はすべてあるように思います。

床の汚れ具合を見て吸い方を変え、部屋の隅を掃除できるブラシがあり、汚い所は集中的に掃除します。

時々、小さめの段差(厚めのカーペットや窓の枠)を乗り越えられず「助けて~!」っていってる時があります。

自動充電機能があるので、充電が無くなってそのまま力尽きていたことは一回もありませんね。

正直ルンバじゃなくてもいいならコレもあり

いまはいろんなロボット掃除機がでていますよね。

2021年の末に戸建てへの引っ越しを控えていて、今のルンバは2階もしくは1階のリビング外に設置予定なんですが、

1階のLDKに置くロボット掃除機を今検討している最中で、いま一番目を付けているのがコレ。

5万円台で、マッピング機能もあり、水拭きもできちゃう。

フローリングに素足で生活する家族で、子供の食べこぼしもしょっちゅうなので、水拭きは必須。

ルンバにはまだ一体型がなく、ブラーバとの二刀流になると、掃除する時間も倍かかるので、

一体型のタイプで探してたところ、この「Anker Eufy RoboVac L70 Hybrid」が安価で評価もかなり良さそう!

マッピング機能があるから水拭き禁止エリアも決められるし、カーペットをしいててもOK。

ルンバだとマッピング機能はi3からで7万~だし、水拭き機能もブラーバ(3万)がないとできない。

これは、ルンバよりも掃除音がかなり静からしく(ルンバは90デシベル前後、ロボバックは60デシベル前後)、

「ルンバたちの半額で、静かに水拭き掃除まで時短でできる」のがこの子のポイントかなと思います。

でも、クリーンベースはほしい!

現時点では、ルンバのiRobotからはクリーンベースあり・水拭き可能の一体型ロボット掃除機はでていないです。

メンテナンスの観点から、どっちにみち水拭きのシートを取り換える必要があるので、

ロボット掃除機を毎回掃除する必要があるからクリーンベース付きは存在しないんだと思います。

ただ、掃除を極力やりたくない私としては、ロボット掃除機に対する思いは人一倍熱いです。

・水拭きをしてくれる
・毎回ゴミ掃除しなくてもいい
・ブラシに髪の毛が絡まりにくい
・吸引力がひときわ優れている
・掃除してても耳障りにならない
・効率的にささっと掃除してほしい

この4つのポイントは外せません。

で、クリーンベースもあって水拭きもしてくれるロボット掃除機ないのかな~としぶとく探しました。

そしたら、DEEBOTという会社から「DEEBOT N8+」というものがでているではありませんか。

ルンバ692の徹底レビュー!クリーンベース付き、水拭きありのロボット掃除機ならDEEBOT N8+がめちゃくちゃ良さそう!!
ルンバ692の徹底レビュー!クリーンベース付き、水拭きありのロボット掃除機ならDEEBOT N8+がめちゃくちゃ良さそう!!

クリーンベース付き、水拭き〇、マッピング機能付き。動作音も67デシベル。神か。

で、公式の価格は8万4,800円。アマゾンは7万4,800円。今だとクーポンでさらに5,000円オフ。

ルンバ692の徹底レビュー!クリーンベース付き、水拭きありのロボット掃除機ならDEEBOT N8+がめちゃくちゃ良さそう!!

ルンバi3の価格なのに、水拭き機能もクリーンベースもあって、静かなんてエグいなDEEBOT N8+。

しかもバッテリーも110分でめっちゃ長いの。110分あれば大豪邸でない限りは余裕ですよね。

ルンバi7+と実際に比較した人の口コミによると、

さすがecovacs!ルンバほど壁や家具にぶつかることもなく、吸引力を最大にしてもルンバより静か。
すごく効率的な動きで掃除もルンバi7+より早く終わります。水拭きの使い捨てのシートがあるのもいい。
注意点があるとすれば、充電ベースがルンバよりは大きかったくらいかな。

しかもアマゾンセールで56,000円で買えたという口コミもアマゾンでみることができました。

(追記)

私は比較に比較を重ねて、N8 PRO+を購入しました!

妹から貰ったルンバ692は、引き続きサブロボット掃除機として活躍してもらいます。

ルンバ692まとめ&比較表

ルンバ692は、お手軽にアプリで操作するロボット掃除機を導入してみたい人にオススメ。

しっかりほこりもキャッチしてくれるし、何よりアプリでのスケジューリング機能が便利すぎる。

1週間くらいならダスト容器をため込んでてもへっちゃら(私調べ)。

クリーンベース付きや水拭きを求める人にはECOVACSのDEEBOT 、本当に良さそうだから一緒に使おう。

とはいえ、お金があればそりゃルンバの最上位モデル「s9+」もiいいなとは思います。

ルンバたちの比較表
スクロールできます
シリーズ頭の良さ吸引力バッテリー範囲価格692との差amazon


ルンバ692
iAdapt1倍90分
自動充電機能
1~2部屋
20帖くらい
3万詳細


ルンバe5
iAdapt 2.05倍90分
自動充電機能
1~2部屋
20帖くらい
5万ゴム製ブラシ
容器水洗い〇
詳細


ルンバi3
10倍 75分
自動充電/
自動再開機能
3~4部屋
ワンフロア
7万
10万(※1)
ゴム製ブラシ
容器水洗い〇
マップ清掃
詳細


ルンバi7
vSLAMナビゲーション 10倍 75分
自動充電/
自動再開機能
5部屋以上
平屋OK
11万
14万 (※1)
ゴム製ブラシ
容器水洗い〇
マップ清掃
間取り自動学習
カメラセンサー
詳細


ルンバs9+
vSLAMナビゲーション40倍120分
自動充電/
自動再開機能
5部屋以上
平屋OK
19万 (※1) ゴム製ブラシ 容器水洗い〇
マップ清掃
間取り自動学習
カメラセンサー
詳細
※1 クリーンベース付
トピック
閉じる