MENU
ななみん
オーナーのななみんです。千葉県で注文住宅を建築中の27歳♀。主にミドルコストHM中心に検討。Yホームズと着工直前まで行くも契約解除し、ウィザースホームと建築中。21年7月着工、21年12月引き渡し予定。

ロボット掃除機界最強コスパのDEEBOT N8 PRO+レビュー!【口コミ】

DEEBOTのN8 PRO+ってどんな使い心地?

ルンバとの差はどういう所?

今回はN8 PRO+を検討する人に向けて、ルンバを使っていた私がDEEBOT N8 PRO+をレビューします。

ルンバi3+,i7+,s9+を検討中の人も、必ずチェックしてほしいN8 PRO+の実力

日本では知られていないECOVACSのDEEBOTですが、
これを読んだあなたを買う気にさせます。

DEEBOTって何?って人は下記記事を参考にしてね!

10/5は楽天で、買い回りマラソン&ecovacs全品5%オフセール開催中

関連記事

ECOVACSとiRobotの違いはこちら
N8 PRO+の基本性能や他機種はこちら
ECOVACSとRoborockの違いはこちら

トピック

レビューするポイント

ロボット掃除機を買う際にポイントとして見ていた所を中心にレビューしますね。

ポイントはコチラ。

・静音性 ★★★★★
・掃除時間(間取り学習機能)★★★★★
・衝突回避力 ★★★★★
・吸引力 ★★★★★
・カーペット対応 ★★★★★
・進入禁止 ★★★★★
・水拭き力 ★★★★★
・スタートアップのしやすさ ★★★★★
・外観 ★★★★☆
・掃除/手入れのしやすさ ★★★★★
・アフターメンテ ★★★★★

 

ほぼ満点じゃん…

嘘だと思うかもしれません。でも、めちゃくちゃ最高のロボット掃除機なんです。

全世界にこのN8 PRO+をおススメしたい位で、DEEBOTでも最高のコスパを誇る機種だと思います。

DEEBOT知らんがな。ルンバと比較してどうなのよ、
って人は価格帯が近い「ルンバi3+」との比較表をみてみてください。

スクロールできます
製品名

 ルンバ i3+

N8 PRO+
吸引力 Pa値非公開
(600シリーズの10倍)
2600Pa
静音性明記せず57dB
お昼寝できる静かさ
稼働時間1回の充電で75分1回の充電で175分
方向転換
(衝突回避能力)
壁や物にぶつかりながら転換衝突回避しながら転換
間取り学習機能なし
(i7,i7+,s9+であり)
あり
清掃場所の指定機能
(アプリ)
なし
(s9+のみ)
あり
進入禁止エリア機能
(アプリ)
なし
(スティックを置けば可能、
i7,i7+,s9+はアプリで指定可能)
あり
水拭き機能なし
(ブラーバ連携が必要)
あり
クリーンベース容量 最大60日分 最大60日分
詳細amazonで確認 楽天で確認

パッとみただけでも、ルンバで対抗馬になりうるのは 「s9+」 くらいなんじゃ?と思いますよね。

ルンバの最上位機種「s9+」は18万以上します。

それが半額以下で買えちゃうのがN8 PRO+。さらに水拭き機能付き。

この情報だけで購入した知り合いも!

でも、半額以下って知ったら、製品の質は微妙なんじゃ…?って正直思いますよね。

下記からは、基本性能・アプリ機能・操作性などに着目しながらレビューをしていきます。

・静音性
・掃除時間(間取り学習機能)
・衝突回避力
・吸引力
・カーペット対応
・進入禁止エリア
・水拭き力
・スタートアップのしやすさ
・外観/存在感/圧迫感
・掃除/手入れのしやすさ
・アフターメンテ

私はN8 PRO+以前にルンバ692を使っていたので、そこからの乗り換えになります。

なお、下記記事ではDEEBOTのメーカー・ECOVACSについて、
ルンバのメーカー・iRobotと比較してどんな会社なのかを深堀しています。

⇑目次へ戻る

N8 PRO+の本気レビュー!

もう、めちゃくちゃ静か!!

ルンバのうるささったら、会話できないくらいうるさかったんですよね。

DEEBOTは、「えっ掃除してたの?」
「えっお家(クリーンベース基地)帰ってたの?」ってなるくらい動きが静か。

それぞれの駆動音がわかる動画をツイッターであげています。

先がルンバ、後がN8 PRO+だよ~

DEEBOTの静音性は、「お昼寝を邪魔しない音」って公式にも書いてある通り、すごい静かでした。

ルンバなんか起動音で既に飛び起きてたけど、ディーボットは掃除してても寝ていられそう。

しかも、掃除が終わったら吸引せずに基地まで戻るので、
移動中により静かになります。

基地に戻ってるの知らなくて蹴り飛ばしそう

同じ空間でテレビを見ていた娘・夫も、DEEBOTが掃除終わったのに気づいてませんでした。

そのくらい掃除音がストレスレスなんです。

間取り学習機能がすごい。掃除時間が4分の1に減った!

この機種は間取り学習機能があるので、最短距離でくまなく部屋を掃除してくれます。

いままで掃除し終わるのにルンバでは40分かかっていた15帖ほどの部屋が、10分強で掃除完了

キレイになってないんじゃと心配になる速さ…

「掃除完了しました!」って言って、DEEBOTが基地まで最短距離でススーっと戻ってきます。

前述の通り、帰りは吸引してこないので
忍者のごとく静かに移動します。

間取り学習のための時間も15分弱(掃除も同時にしている)で終わり、
間取りもかなり正確に学習できてます。

エリアマッピングも自動。しっかり別の空間だと認知しています。
(緑=ダイニングキッチン、オレンジ=リビング、青=部屋)

間取り学習機能がすごい。掃除時間が4分の1になった!

ちょっと惜しいかな?と思ったのは、ダイニングチェアを置きっぱなしにしていると
脚の空間認識が難しいらしく、何回もくるくるしていた所。

あとカーテンを壁だと思ったらしく、画像オレンジゾーン上のカーテン部分はちょっとがたがたしてます。

間取り作成の時だけどかしておけば問題なし。

間取り作成後はモノを置いておいても掃除の都度、障害物がないか
確認しながら回避して進むので、最初の一回だけキレイに物をどかしておくと◎。

娘のベビーゾーンは物をどかさず中にも入れず、そのまま間取り作成させました。

結果、レーザーを飛ばして空間認識しようと頑張って、奥の壁までちゃんと把握。すごい。

間取り学習の正確性も非常に優秀

ほぼぶつからない。ぶつかってもフェザータッチ。

前述のルンバは動画の通り、パンを咥えた女子高生のごとく突っ走っていきます。(多少は減速します)

間取り学習機能がないと、壁にぶつかりながら方向転換をするハメになるので、
それが少なくなるだけでもこの機能は控えめに言って最高です。

でも、このDEEBOTは、間取り学習機能に加えて
ぶつかること自体を回避する「3D Detect」という技術が使われているので、そもそもぶつかりません。

先ほどのツイッターの動画を見返してもらうとわかるんですが、ルンバを認識してキレーに避けていってます。

ここまで頭良いのかと感動…

しかもギリギリまで近寄りつつ、ちゃんと掃除をしてくれる。なんていい子。

その他にも、空間認識力が優れている事がわかる、モノをどけないで掃除した時のアプリ画像があります。

ほぼぶつからない。ぶつかってもフェザータッチ

青い点で、均等に配置してるぽつぽつとか、四角がありますよね。

これの正体は椅子×3です。

回転式のほうはDEEBOTが来た時に1回位置をずらしたので、すこし掃除されてる箇所があります。

今までは、ルンバがいつも勢いよくぶつかってきてたので
クセで避けちゃったけど、よける必要も今後はない!

使ってたルンバはぶつかる際にドカドカうるさいし、
全然別のところいってくれないしでストレスだったんですよね。

DEEBOTは清掃時の空間の状況をみて勝手に避けてくれるし、
ギリギリまで寄って清掃してくれるので最高です。

ルンバの場合、間取り学習機能はi7からです。そして優しくはありますが、普通にぶつかりに行ってますね。

間取り学習機能は同じレベルかもしれませんが、衝突回避機能はDEEBOTの方が高そうです。

(動画の中で進入禁止エリアについての言及があります。これも後述しますがDEEBOTの圧勝です)

DEEBOTがあまりに鮮やかに掃除していくので、じっと動向をみてたんですが、
ものにぶつかってたのは掃除完了までに2回くらい。

テーブルの脚にこつんってしてました。ルンバみたいに派手に音がでないので、
見てなければ気づかないくらいの超フェザータッチです。

万が一赤ちゃんやペットにぶつかっても痛くない!

衝突したものも傷つかないし、DEEBOT自身も傷つかないし、静かで一石三鳥です。

吸引力はDEEBOT史上最高

N8 PRO+はDEEBOT史上一番吸引力がある機種です(2600Pa)。

ルンバはすべての機種で吸引力非公開ですし、ルンバ692は下位機種なので、この点は比較が難しい所です。

一般的にロボット掃除機の吸引力というと、2500Paがどこのメーカーでも最大吸引力値です。

それを超える2600Paなので、ロボット掃除機界最大の吸引力でぐんぐんゴミをすってくれています。

ブラシが2本あるDEEBOTでは、角のゴミもよく書き取ります。

吸引力はDEEBOT史上最高

ゴミの取りこぼしは当たり前にないですし、水拭きとあわせて床をサラッサラにしてくれます。

吸引力はアプリからも調整可能。

吸引力はDEEBOT史上最高

カーペットを認識すると、自動で吸引力が最大になるよ!

基本的にはあまり操作しません。頭が良いから勝手に調節してくれるんですよね…

私がこの画面をいじるときはほぼありません。

最大2㎝までの厚みがあるカーペットもスイスイ

赤ちゃんや子供・ペットがいる家庭はカーペットを引いているところが多いですよね。

私の家もリビングは全面カーペットです。

そこで1日の大半をすごしますし、お菓子を食べたりするので、食べこぼしはしょっちゅう。

前のルンバは、カーペットに乗りあげてくれることがほぼなかった…

せっかくロボット掃除機を買っても、カーペットに乗れないんじゃだめですよね。

我が家は、緑で囲ってるエリアがリビング(カーペットがあるところ)です。赤は進入禁止エリア。

ルンバがのれなかったカーペットもスイスイ

間口が狭い(40cmちょい)上にカーペットに乗るので苦労してますが、4分で終了

置きっぱなしにしてたヨギボーやらおもちゃ類をしっかり検出して、避けて掃除してるのがわかります。

ここでも衝突回避の能力を発揮してるね!

ちなみに、DEEBOTはカーペット自動認識機能があるので、水拭きモップをつけているときは乗り上げません。

前のルンバは、間取り学習機能がない上に間口が狭いのでカーペットに辿りつけず、
たどり着いてもカーペットの段差を乗り越えられず、引き返してました‥‥。

今回のDEEBOTはモップを取り外すとカーペットに乗り上げるようになり、
さらに自動で吸引力をあげて掃除するという天才ぶり。

いい子過ぎます。

進入禁止エリアは感覚的に設定可能

さきほどの画像の赤エリアが進入禁止なんですが、
アプリ上で「進入禁止エリアを選択する」でシュシュっとしただけです。

説明書もあるんですが、まだ一回も見てないくらい直感的に操作できます。

ルンバのバーチャルウォール用機器

ルンバでは進入禁止にするために、スティック状の機器をおいて進入禁止エリアを指定しますが、
置いておくのも邪魔ですし、倒されたり子供に移動させられたりする心配もないので、楽です。

ペットがいても、遊ばれて壊される心配がないね!

毎日水拭きしていた床も汚れをかきとる

DEEBOT導入前の1か月前には床に這いつくばってアルコールで拭いたりしてましたし、
夫がコロナになってから毎日クイックルワイパーかけてた位、床は水拭きしてたんですね。

水拭き機能はほしかったけど、
しっかりやってくれなくても仕方ないかなと思っていた…

でも、いざ水拭きをDEEBOTにお願いすると水拭きモップのこの汚れ。床がすべっすべに。

毎日水拭きしていた床も汚れをかきとる

水拭きロボットの口コミではよく「床がさらさらになりました!!」
って書いてあるのをみていて「大げさだな」と思っていたんですが、本当でした。

水量もアプリで調節できます。最大量にするとツルっと滑りそうなくらいでてくる。

床の材質にあわせて変更するといいかも!

水拭き機能はそこまで期待してなかっただけに、とっても満足です。

スタートアップも超簡単でわかりやすい説明書付き

説明書を読むのがめんどくさい人間なので、何も読まず開封、スタートアップを進めました。

説明書はイラストで示してくれているので、すごく分かりやすい。

スタートアップも超簡単でわかりやすい説明書付き

スムーズに開封やらブラシの取り付けもできたんですが、電源の位置だけわからず、説明書をみました。

ほんとそれだけ。直感的にスタートアップまでできるって、地味にすごいなと思います。

最近の機器は品質が上がってる分、
わかりずらくなっててカユイ部分だよね

ちなみに電源の位置は、DEEBOTの上面をチラっとめくると、オレンジのやつが電源ボタンでした。

スタートアップも超簡単でわかりやすい

あとはアプリインストールして、説明書通りに同期して、試運転スタート。

開封からスタートまで15分くらい?めちゃめちゃサクサク進められたのも高評価です。

圧迫感を感じさせない白

圧迫感を感じさせない白

「白ボディって汚れが目立ちそう」って思って、ちょっと嫌だったんですが、嬉しい誤算が。

このクリーンベース(ゴミ自動収集機)って結構図体でかくて、存在感があるんですよね。

でも、色が白なおかげで、圧迫感があまり感じない

黒もかっこいいけどほこり目立つし、白で正解だったかも

壁も床も白っぽいので、同化されてうまい具合に存在感を和らげてくれてます。

ルンバ基地があって、かつ隠せるようなスペースだったら問題ありませんが、
もしそうじゃないのなら、白ボディは結構ありかもしれません。

手入れのしやすさは不明

まだ買いたてなので、本格手入れはまだ先です。

水拭きモップは使い捨てと繰り返し使うタイプが同封されており、今は繰り返し使うタイプを使ってます。

水で洗い、ちょっとモップ同士をこすり合わせるだけで汚れが落ちます。

取り外しも簡単で、マジックテープでべりってはがせるよ!

後の手入れはゴミですが、クリーンベース(ゴミ自動収集機)があるので、ゴミとりは2か月後までしません。

集められたゴミは紙パックに入れられており、
取るときに蓋が自動で閉まる仕組みになっているので、
ほこりが舞い上がる心配もないです。

手入れのしやすさ

ルンバもi7+やs9+も紙パックなんですが、出入り口部分にプラスチックを使ってるんですよね。

分別が厳しいエリアだと、プラと紙だけどどうするんだろ・・・って思ってます。

分解するとほこり出るし、燃えるゴミ行きだよね…

開発者の心使いや、環境への配慮が感じられていいなぁと思います。

アフターメンテナンスは国内修理で安心

外資系のメーカーだと、心配なのは故障した時の事。

「海外の工場に送るような修理になったら、使えない期間が長くて嫌だな・・・・」

外車とかだと、海外の工場に送って車が使えなくなるのは、あるあるですよね。

毎日使うものだし、安い買い物じゃないから
なにかあった時のサポートが手厚いものが良いよね…

DEEBOTは、日本(宮城)に専用のコールセンターと修理センターを設けています。

アフターメンテナンスは国内修理で安心

何か不具合があった時はもちろんすぐに日本人のスタッフが電話で対応してくれますし、
修理が必要と判断した場合も、5営業日以内に修理し返送するように体制を整えています。

ロボット掃除機は高い買い物なので、万が一の時も安心できるようなメーカーが良いなと思ってました。

利用しないに越したことはないですが、万が一も安心ですね。

⇑目次へ戻る

現時点での不満点・デメリット

アプリの起動時間が長い

Androidを使ってるんですが、アプリ起動までに3秒くらい時間がかかります。

それでもルンバよりは短いけど。

アプリの起動時間が長い

ススーっと起動してくれるようになるとよりうれしいなと思います。

でも、トップですぐ起動できる・充電に戻るようにボタン配置されてるUIは最高。これも結構大事。

カーペットを掃除してほしい時にモップを外す必要がある

これ一番惜しいなぁと思ってるポイントです。

Roborockで9月3日に発売された最新機種のS7+は、
カーペットを検知するとモップがリフトアップするようになってるんですよね。

RoborockはECOVACSをベンチマークにしている小規模のメーカーですが、
ここカユイな~とおもってた所をRoborockが先に改善された形。

次回のECOVACSの機種は、ここはクリアしてくるんじゃないかなと思います。

まぁ、カーペットの毛足が4㎜以下じゃないとRoborock S7+も自動回避になるので、
我が家のカーペットではいずれにしても使えませんが。

子供がいる家庭ではカーペットは分厚い事が多いし、
ペットがいる家庭は薄めのを使う傾向が多いよね。

我が家はいまのところ、先に水拭き掃除してもらって、モップを洗うために外したら、
カーペット部分のエリア指定をして再度走らせてます。

3分もあれば終わって帰ってくるので、また装着しておしまい。

アプリでエリア指定する手間があるのと、家にいないとモップ外せないので、そこが課題点かな。

ルンバは家にいる時に起動するとうるさくて嫌だったけど、
roborockは静かだから、家にいる時に基本かけちゃうよ

惜しいなぁとは思いつつ、水拭き掃除をしたらモップを捨てる・洗うのメンテナンスがどっちみち必要なので、
アプリ指定の手間だけだし、そこまで面倒には思っていません。

アクセサリーが純正品のみ

アクセサリーって、ゴミ収集パックやモップなどの事です。

ルンバはゴミ収集パックなどの模倣品が出回ってるんですよね。

安価に買えるので(品質は?ですが)、ECOVACSもあればいいなぁ~と思ったり。

ちなみに9月中は楽天でN8 PRO+を買うと、1万円以上の消耗品アクセサリー贈呈ということで
使い捨てモップが25枚付いてきました。

3ヵ月観察してたけど、今(9月)が一番お得だなって思って買ったよ!

アクセサリーが純正品のみ

多分決算期だからだと思います。うれしや。

本当にいまのところそのくらい。

長期間使ってみてのデメリットや不満点は、半年後くらいに追記します。

⇑目次へ戻る

DEEBOT N8 PRO+レビューまとめ

ECOVACSの工場から、大事に大事に出荷されてきたDEEBOT N8 PRO+。

DEEBOT N8 PRO+レビューまとめ
DEEBOT N8 PRO+レビューまとめ

「新しい家でも大事にしてもらってね」と言われてきたことが容易に想像できる包装の丁寧さでした。

DEEBOTの隙間のクッション材、フィルム、緩衝材、包んでいる布の触り心地の良さ。

まるで100万円の高級バッグがでてきそうな包装具合…

でもそれでいて、環境に配慮して最大限段ボール素材を使っていて、それもまたいいと思いました。

止め金具もゼロ。箱はすべて手で解体できて、無駄なプラスチックごみは出ません。

これが今の中国メーカー最高峰の品質なのかと、開封時点でも驚きました。

製品含め、これに勝てるロボット掃除機がいるなら、名乗り出てほしいくらいの凄さです。

N8 PRO+ 総まとめレビュー
スクロールできます
製品名
ななみんの感想
吸引力文句なし。
ゴミ取れすぎておぞましい。
静音性テレビ余裕で見れる静かさ。
お掃除が終わったら
吸引をやめて帰ってくるのも◎
稼働時間豪邸じゃない限り60分でも足りそう。
15帖の部屋で10分で終わる。
方向転換
(衝突回避機能)
本当にぶつからない。
ぶつかってもフェザータッチ。
間取り学習機能文句なし。
レーザーが高性能すぎる。
清掃場所の指定機能
(アプリ)
直感的に操作できた。
勝手にエリア分けもしてくれる
進入禁止エリア機能
(アプリ)
これも直感的に操作できた。
めちゃめちゃ簡単。
カーペット自動認識後
吸引力ブースト
ルンバが乗り越えられないカーペットも
余裕で乗り上げて最高。天使。
水拭き機能毎日クイックルしてたのに汚れてた。
水量調節ができるのも良い。
クリーンベース容量取り出すときに蓋が閉まるので
ほこりが舞わない設計が神がかってる。
公式価格お買い得すぎるので私が総理になったら
全子育て世帯に配りたい。

コロナ禍で在宅時間も増えて、掃除する時間も増えた家庭が多いんじゃないでしょうか。

ロボット掃除機は持っていても、
N8 PRO+のように水拭き機能があるロボット掃除機をもっている人はそう多くないと思います。

赤ちゃんがいる家庭は、よだれをたらしながらズリバイするブラーバ的赤ちゃんが心配ですし、
お子さんがいる家庭は、公園や部活などで汗や泥だらけになった脚でペタペタ歩き回ります。

ペットがいる家庭は、散歩にいったあとに足を洗っても、汚れや雑菌が気になりますよね。

DEEBOTのモップの細菌除去率は99.26%

DEEBOTがいれば、掃除にかけていた時間が他の時間に充てられるようになるだけでなく、
さらに家族の清潔で健康的な生活を支えてくれます

家電は良いな、と思った時が買い時です。

なお、N8 PRO+の機能をルンバで叶えようとすると「s9+」と「ブラーバジェットm6」で24万が必要です。

9月11日に値下げされたばかりのロボット掃除機界最強コスパの「N8 PRO+」、オススメです。

⇑目次へ戻る

トピック
閉じる